Here, There and Everywhere...

Nobody can deny that there's something there

一番きれいな色ってなんだろう?

_MG_3371(2)

カメラをはじめた頃は、光なんて全部同じに見えていました。
いや、正確に言うと、あまり光のことなんて気にしていませんでした。
しかし色々と試行錯誤を重ねるうちに、自分が撮りたい写真は「ふんわり透明感のある写真」ではないか?という事に気づくようになりました。

それを意識しながら更に試行錯誤を続けていくうちに、微妙な光の変化を感じとれるようになってきたなぁと思います。そうした自分の変化と共に2014年はふんわり透明感のある写真が(ある程度狙って)撮れるようになってきた年でした。

今年はどんな写真を撮るんだろう。でも、やっぱり「ふんわり透明感のある写真」が撮りたいかな。
もう一月も終わりですが、今年も宜しく。