Here, There and Everywhere...

Nobody can deny that there's something there

Black&Blue

_MG_0815(1)

日没後、ほんの一瞬だけ訪れる黒と蒼の時間が好きです。

小さい頃、まだ門限が5時半とかだった頃、冬になると黒と蒼の時間が帰宅の時間だった。遊ぶのを止めて、帰らなくちゃいけないのは寂しかったけれど「なんか海の底にいるみたいや」って空を見上げて、それだけではしゃいでいました。今回撮った写真を現像しながら、子供の頃のかすかな記憶が蘇って来ました。
不思議な感じだけど…。

写真を撮らなければ敢えてこの時間を意識することもなかっただろうし、改めて好きだと思うことも、小さい頃の記憶が蘇ってくることもなかったのかもしれません。でも、折角なので自分の好きな黒と蒼で色んな物を表現してみたいって思ってます。ちなみに、この写真の構図がイマイチなので今度は別の構図でチャレンジしてみようと思います。