Here, There and Everywhere...

Nobody can deny that there's something there

ハイキーな写真

IMG_0495

最近、忙しくてあまりカメラに触れていなかったけれど、やっぱり写真が大好きだ。
そして、ハイキーな写真ってやっぱいい。見るのも撮るのも。

でも、ハイキーな写真は、何かを記録する機能はやっぱりイマイチなのかもしれない。
例えばデジイチで撮ったクリアな絵は、何かを表現しようとした写真よりも、何かの記録としては、とても有用だし、見る相手を選ばない。単純に言えば、前者は表現としての写真に、後者は記録としての写真に、より向いてるという事だ。

あらゆる「表現」は、受け手にとって「趣味」の問題であることを考えれば、そのような写真は(自分がまだまだへたくそだという事を棚に上げて言えば)、見る人を選んでしまう。

あたりまえといえば、当たり前の話なのだけれど、見る側にそのような表現の部分がヒットしなかった場合、「あれ?美白すぎねーか?」なんて言われてしまうかもしれない。

まぁ、そういったこと含めてまだまだ修行が足りないし、少なくとも自分が狙った人に何かを感じてもらう努力は、表現をする側にとって、常に抱える課題なのだろうけれど…。