Here, There and Everywhere...

Nobody can deny that there's something there

Carl Zeiss Planar T* 1.4/50

in the forest

休みの日が終わる

休みの日が終わる 最後の夜は明日が来なければ いいなと思う 休みの日/JUN SKY WALKER(S) www.youtube.com

夕焼け空は赤い、炎のように赤い。

www.youtube.comブルーハーツって半年に一回ぐらい無性に聴きたくなる。で、今回この曲をヘビロテしてた。 「夕焼け空は赤い 炎のように赤い...」そんな歌詞を聴きながら、そう言えばハードディスクのどっかに夕暮れの写真あったような...と思い立って、少し…

力強く、美しく

Jellyfish

クラゲって何となく、けだるい感じが良い感じ。

限りなく透明に近いグリーン

葉桜

あっという間に桜もおしまい。 今年も桜、ちゃんと撮れなかったなぁ〜。

東京

東京に来て、まだ二年しか経ってないんだなぁと先日ケツメイシの東京って曲を聴いてふいに思い出した。 今日の写真は、二年前、東京に来たばかりの頃に友達と渋谷で合流する前に撮った写真。手に入れた物 失った物を受け入れ この街で 少し大人へ ケツメイシ…

そばにいたいよ

遠くで ともる未来 もしも 僕らが離れても それぞれ歩いていく その先で また 出会えると信じて 秦基博/ひまわりの約束www.youtube.com

Cool

手紙をかくよ

部屋の片隅で見つけた、書きかけの手紙には、幼い自分がそのまま横たわっていた。 自分でも恥ずかしくなるような稚拙な内容に恥ずかしさを感じつつ、 何かを言葉にしようと悪戦苦闘している、かつての自分の姿に思わず苦笑した。 あなたが教えてくれた うれ…

もう少し慣れが必要

久しぶりの多重露光。 撮った時にカメラの液晶で見るのと、持ち帰ってPCの画面で見るのと印象が違う。この辺りの差分の感じがしっくり来るためには、もう少し慣れが必要かな。

光あるうち光の中を歩め

何となくタイトルをつけて、昔読んだ小説を思い出した。光あるうち光の中を歩め (新潮文庫)作者: トルストイ,原久一郎出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2005/05メディア: 文庫購入: 14人 クリック: 92回この商品を含むブログ (41件) を見る

夏の訪れ

夏支度

はじめてのダリア

近所に花が沢山咲いている場所があるらしいと聞いたので、散歩がてらに行ってみたらダリアが咲いていた。という事でダリアと初対戦。やっぱ、マクロレンズ欲しいな〜。

光をあつめて

www.youtube.com

もう一度多重露光したかった

これ、実は多重露光なんですよ。RT @cm4vb: 女子力高い!ヽ(^ω^)ノ RT #はてなブログ http://t.co/PQW2QjdYSe pic.twitter.com/JBaAn3TXJ4— ひで (@hidekopon) 2015, 5月 23先日のバラの写真、実は多重露光でして、これまで食わず嫌いだった多重露光に初挑戦…

紫陽花、梅雨、そして夏。

紫陽花がもう少しで咲きそう。 即ち、梅雨が来そう。考えるだけで息苦しくなる季節...梅雨。そして夏がもうすぐ近くまで来てる。

木漏れ日

とろける感じで

In the morning

www.youtube.com

the season of fresh green

桜の雨、いつか

桜の雨,いつか 松たか子 - YouTube

光で満たされる様に...

風光る

ハル、ハル、ハル

風が心地よい暖かさと共に春のにおいを運んでくると、辺りの草木も一斉に芽を出し始め、長く長く感じられた冬が終わりを告げ、街の景色も一変する。ただ、忙しくバタバタしていて最近カメラを触っていないのと、三鷹は少し都心より気温が低いためか、まだ2〜…

もうすぐ春ですね

近所の梅は、まだ咲いていないけれど、そろそろな感じ。

Such A Beautiful Girl Like You

I still haven't found what I'm looking for